スコティッシュフォールド 性格 特徴

スコティッシュフォールドの性格と特徴

 

猫ちゃんって可愛いですよね、気まぐれな猫、マイペースな猫等々、性格も様々です。種類も100近くあると言われてます。

 

今回は、そんな中から折れ耳が特徴的なスコティッシュフォールドについてまとめてみました。

 

性格は、いつも穏やかでおっとりしてます。

 

甘えん坊さんでご主人の傍にいることが大好き、人見知りもしない人懐っこさもありますので、お友達などを呼んでも好かれること間違いなしです。

 

問題行動も少なく、猫ちゃんビギナーの方にも飼いやすいととても人気です。

 

上記にも書きましたが、甘えん坊さんなので長時間の留守番には向きません。

 

感情を表に出すことが無いのでストレスをひそかに抱え込んで短命になることもありますので、普段コミュニケーションを取る中で、猫ちゃんがストレスを感じてないか汲み取ってあげることが大切な猫ちゃんです。

 

スコティッシュフォールドちゃんの特徴といえばやはり前方に折れ曲がりながら垂れた短い耳です。

 

この耳は優性遺伝によって受け継がれるもので、極端に折れてるものからほぼ耳が立っているものまで様々です。

 

折れ耳は生まれた時から持ってるのではなく、生後2〜3週目にかけて耳が折りたたまれます。外見としては小さくしっかり折れてる方がよいとされてます。

 

すべての仔猫が耳が折れてるわけではなく、確立は30パーセント程度で病気やストレスで一度折れた耳が再び立ったり、また折れたりすることもあるそうです。

 

スコティッシュホールドのオスとメスでは性格が違う?

 

猫ちゃん全体で言えば、オスの方がやんちゃで暴れん坊なイメージが多いと思いますがスコティッシュフォールドの場合は、そのあたりの心配はほとんどないと言います。

 

オスの場合は、素直な性格で感情もストレートです。

 

初めての猫ちゃんの場合なら喜怒哀楽も理解しやすいと思います。

 

ただ、年をとるにつれ人間と同じように頑固になる子もいるので、若いころに比べて更に赤ちゃんになったと思って接してください。

 

メスの場合は、オスと比べると感情を隠しがちです。あっさりしていて少し距離を感じるぁもしれませんが、基本的に甘えん坊さんなので、適度な距離を保ちながらときにはしっかり甘えさせてあげて下さい。

 

ただ、上記で説明した内容は一般的なもので同じスコティッシュフォールドでも個性はありますし、性格は飼い主さんとの関わり方や生活環境によって大きく変わっていきますので、日頃からたくさんのコミュニケーションを取ってあげたり遊んだりして愛情をたっぷり注いであげることが良い性格に育てる一番の方法です。

 

まとめ

スコティッシュフォールドの寿命は10年〜13年といわれ、一般的な猫の寿命は15年とするとやや短いです。

 

そのうえ、太りやすい猫ちゃんなので欲しがるだけごはんを与えると様々な病気の原因にもなるので、しっかりと適切なごはんの量を計算してあげましょう。(平均体重は3.5kg〜4.6kg)