キャットフードの基本知識

騙されないで!大手メーカーも使っている習慣的手法で分割!

 

猫ちゃんの大事な栄養源のキャットフード。

 

飼い主さんはどれがいいのか選ぶのに迷ってしまいますよね。

 

そこで見るのが裏面の原材料が表示してある部分だと思います。

 

しかしそこに落とし穴が…。

 

「習慣的手法で分割」というものです。

 

あまり聞きなれない言葉だと思います。(私も聞いたことありませんでした。)

 

そこで「習慣的手法で分割」についてご説明します。

 

「習慣的手法で分割」とは一体何でしょう?

まず原材料名は多く入っている原材料の順に左側から表記されています。

 

例えば、大手メーカーのロイヤルカナンだと、
≪家禽ミート、とうもろこし、植物性繊維、植物性分離タンパク、コーングルテン…≫
この順に表記されています。

 

一番左に表記されているのが家禽ミートなので、 「これはお肉たっぷりのフードだ!」と思われますよね。

 

しかし、ここに落とし穴がありました。

 

家禽ミート、あまり聞きなれない言葉ですね。

 

ロイヤルカナンでいうと鳥と七面鳥を合わせて家禽ミートと表示しています。

 

こんな聞いたこともない言葉を使うより、鳥や七面鳥と記載されている方がわかりやすい。

 

その通りだと思います。

 

ここにメーカーの「習慣的手法で分割」が入っています。

 

鳥や七面鳥をおのおの独立させてしまうと、とうもろこしが一番多い原材料になってしまうのです。

 

そこで鳥や七面鳥をひとまとめにして「家禽ミート」と称し、あたかもお肉たっぷりのような表記にしてあるのです。

 

また「とうもろこし」と「コーングルテン」ですが、どちらもとうもろこしのことです。

 

この2つを一緒にしてしまうと、家禽ミートを上回ってしまうのであえて別々の表記になっています。

 

健康志向が売りの大手メーカーでも「習慣的手法で分割」が当たり前のように使われています。

 

なんだか騙されているような気持ちですね。

 

「習慣的手法で分割」だと何がいけないのか?

猫ちゃんは肉食動物なので、本来穀物の消化吸収が苦手です。

 

この「習慣的手法で分割」を使用したフードでは穀類が多く含まれているので消化吸収がうまく行われません。

 

従って慢性的に栄養不足に陥ってしまうのです。

 

「習慣的手法で分割」は病気になる確率も上がる?

栄養不足も心配ですが、病気になる確率も高くなります。

 

猫ちゃんは穀物の消化吸収が苦手なので消化器官に負担がかかったり、アレルギーや肥満の原因にもなりやすいのです。

 

小さい頃から穀物たっぷりのフードを食べていると、小さい頃からずっと消化器官に負担がかかり病気になる確率が断然上がってしまいます。

 

この方法を大手メーカーも当たり前のように使用していることに驚きました!

 

確かに嘘が表記されているわけではないけれど、都合よく合わせたり、都合よく分けたりなんだか騙されている気分ですよね。

 

飼い主さんにとっては裏面の原材料名を頼りに購入していると思うのですが、この「習慣的手法で分割」を使われてしまうと、どれが本当に猫ちゃんにとって健康で体にいいフードなのか分からなくなってしまいます。

 

飼い主さんの「見極め」が大事ですね。