猫 アレルギー 症状

猫のアレルギーと症状 治療法は?

 

お家の猫ちゃんと遊んでいて、

  • 「ウチの猫ちゃん、目のまわりをよくかくな」
  • 「換毛期でもないのに毛がいっぱい抜けてる」
  • 「背中にブツブツがる」

など見つけたら、それは猫ちゃんがアレルギー性皮膚炎に発症しています。

 

猫ちゃんが、ブツブツを気にしてしきりに舐めたり、かいたりすれば炎症がますますひどくなる恐れがあります。

 

では、どのようにして起こるのか、それは大きく分けて2つあります。

 

1つは、特定の食べ物を食べた時起こる食物アレルギー。

 

皮膚にかゆみをともなうブツブツができたり脱毛がみられます。

 

もう1つが、ノミアレルギー性皮膚炎。

 

主に腰からお尻の部分に、ひどいかゆみや脱毛をともなう皮膚炎がおこります。

 

どのような原因で起こるのかは、猫ちゃんによって様々です。

 

例えば、原因がノミの場合わずか数匹のノミに血を吸われただけでも、ノミアレルギー性皮膚炎になったりすることもあります。

 

また、花粉、食べ物、ハウスダストの複数のアレルゲン反応する猫ちゃんもいます。

 

治療としては、ノミアレルギーならノミの予防、駆除しっかりとすることです。

 

また、食物アレルギーの原因となる原材料を除去した食事(除去食という)食物アレルギーの原因となる可能性がひくい特殊なタンパク質を含んだ食事などで、かゆみや炎症の緩和をめざします。

 

アレルギー性皮膚炎の予防としては、定期的なノミ駆除や(大体、1ヶ月に1回)、ホコリやカビ、ハウスダストが蔓延しないよう室内環境を清潔に保つようにしましょう。

 

猫ちゃんの食物アレルギーを防ぐキャットフードの選び方

 

猫ちゃんがいつも食べるご飯は、食物アレルギーの少ない良質なキャットフードにしてあげたい、そうですよね。猫ちゃんに安心して食べてもらいたい、ではどのようなキャットフードを選べばいいのでしょうか。

 

まず、良質な動物性たんぱく源。つまり羽や足、毛皮、ヒヅメなどの消化に悪い部分を含んだものではなく、肉部分の割合が多いキャットフードを選びましょう。

 

また、もともと動物系のたんぱく質だけアレルギーを持っていた猫ちゃんでも、アレルギー体質なら、消化に悪い穀物を食べ続けることで穀物に対してもアレルギーを発症する可能性が高いので、穀物不使用(グレイフリー)のものをえらびましょう。

 

>>無添加・グレインフリーカナガンの詳細を知りたい方は必見!

 

 

まとめ

 

アレルギーは日頃の生活の中でも清潔にするなどして、予防できる部分もありますし食べ物に関しては、より良いキャットフードを食べさせてあげたいですね。

 

良質なたんぱく質で肉の割合が多く、メインの種類が2種類以上あるキャットフードぜひご参考にして下さい。