猫 トイレ 腎臓 フード

猫のトイレ事情から考える!飼い主さんにもおすすめ猫トイレ!

 

猫はトイレの置き場所や砂などにもこだわりがあることが多く、トイレが清潔でないとストレスを感じ、尿を我慢してしまうなどして病気を引き起こす危険性もあります。

 

さらに飼い主さんにとっても、普段から掃除しやすく清潔に保てるトイレの方が使いやすく感じることでしょう。

 

ここではそんな猫と飼い主さん両方の希望を叶えてくれるおすすめのトイレをご紹介します。

 

まず、猫や飼い主さんにとってどのような構造が理想的であるのかをご紹介します。

 

適度な大きさ

トイレの中で動くことが可能な、猫の身体の1.5倍以上の大きさが理想的だといわれています。

適度な深さ

猫が入りやすい適度な深さだと、砂が飛び散りにくく尿が砂に吸収されやすくなります。

出入りのしやすさ

身体の小さい子猫や足腰の弱ってしまった高齢猫にとっても、出入りのしやすい出入口の高さが理想的です。

屋根の有無

無防備な状態になってしまうトイレの時間は警戒心の強い猫にとって、安心できる屋根のあるタイプが良く臭いも広がりにくいという意見と開放的なタイプの方が入りやすく臭いが籠らないという意見もあるため、猫の好みに合ったものを選んであげるとよいでしょう。

 

また洗ったり掃除がしやすいので、飼い主さんにとっては理想的です。

 

次にトイレの形や機能のメリットやデメリットをご紹介します。

 

箱型のオープンタイプ

適度な大きさや深さ、洗いやすさなどのメリットはありますが、子猫や高齢猫には深すぎることや他と比べて大きいため置き場所に困るなどのデメリットもあります。

消臭効果のあるタイプ

尿の場合その都度掃除しなくてよく、消臭効果のあるシートと砂によって臭いが気になりにくいなどのメリットはありますが、専用のシートや砂を使用する必要があるため他よりもコストがかかってしまいます。

 

全自動式

トイレの都度、自動で汚れた部分だけを処理してくれるという優れものです。

 

留守がちな飼い主さんにも嬉しいトイレですが、他に比べて圧倒的にコストがかかってしまいます。

 

猫の腎臓病予防にも!キャットフードで生活習慣を見直そう!

 

猫はあまり水を飲まない習性があるため普段から腎臓に負担がかかりやすく、尿路結石などの腎臓の病気になりやすい傾向があるといわれています。

 

そのため普段からトイレの回数やその状態を、飼い主さんが観察してあげる必要があります。

 

水分問題の他に尿路結石の原因には、たんぱく質や塩分、マグネシウムの過剰摂取が指摘されています。

 

これらを予防するために、普段の食事からたんぱく質とマグネシウムをバランスよく摂りいれることが大事だといえます。

 

多くのメーカーで、尿路結石予防のためのキャットフードが製造されています。

 

その特徴としては、他のキャットフードに比べてフード自体に含まれる水分量が多いことや利尿を促す効果が期待できる高たんぱくであることに加え、結石化予防の効果があるマグネシウムの含有量がバランスよく調節されています。

 

このように猫にとって深刻な腎臓病を予防するためには、飼い主さんが毎日の食事を見直し習慣化してあげることも大事です。

 

また尿の状態を観察してあげることによって、尿路結石などの病気を早い段階で発見してあげることもできます。

 

そのためには猫のトイレも飼い主さんが観察しやすいような形を選ぶことや清潔な状態を保ってあげることが重要です。

 

まとめ

飼い主さんにとっては、砂が飛び散らない、掃除しやすい、臭いを防ぐなどの効果がある万能なトイレが理想的ですが、猫の健康や環境を考えると猫にとっても同じように理想的であるといえます。